atokとMS-IMEの共存

近頃、やはり多くのOSに標準採用されているニホン語入力システムは、MS-IMEです。
そのMS-IMEからatokに乗換えたいという人が沢山一方で、MS-IMEとatokを使い分けたいという人も、ずいぶん沢山のではないでしょうか。
兎にも角にも、atokの存在を知らず、当初はMS-IMEをつぎ込み、それに慣れた人が後にatokを知って導入を検討するケース、atokの良さをちゃんと確かめる一方で、ハンドリングに慣れたMS-IMEも残しておきたいとかんがえるのは、一定グレードことでしょう。
本質的に、MS-IMEとatokの共存は出来ます。
切り替えに関連しても、殊に苦しいハンドリングは必要なく直ちに出来るので、数多くのニホン語入力システムを導入することによるデメリットはございません。
atokを試したいケースは、MS-IMEをアンインストールするのではなく、共存させることをお薦めします。
MS-IMEとatokを共存させる手順は、専ら双方をインストールするだけです。
かつてMS-IMEがインストールされているパーソナル・コンピュータのケースは、ただatokをインストールすることによって大丈夫です。
その時点で、パーソナル・コンピュータ内にはMS-IMEとatokの両方が採用されている有り様になります。
ふたつのシステムを取りかえるケースは、パーソナル・コンピュータの画面下に存在するメニューバーのアイコンボタンを使います。
ツールバーには、近頃応用しているニホン語入力システムのアイコンボタンが映されています。
そこにカーソルを合わせてクリックしたケース“MS-IME”と“atok”の表示が出るので、転じたい方にカーソルを合わせてクリックし、確認を入れます。
そうすることによって、切り替え終了です。
又、“Ctrl”キー+“Shift”キーもMS-IMEとatokの切り替えは出来ます。
ふたつのみの導入のケースは、このハンドリングの方が容易かも知れません。
ただ、ふたつ以上のニホン語入力システムを導入しているケースは、アイコンによる方が速いでしょう。

atokのプロパティ登録

近頃、パーソナル・コンピュータによるゲームのプレイ人口が増加してきています。
より一層、オンラインゲームと呼ばれるWeb上でおこなえるゲームが普及してからは、ゲームに興ずる人が激増しているやうです。
オンラインゲームでは再三入力が要求されるので、ニホン語入力システムはたいへん大きな使命を担うことになります。
ゲームですので、ケースによっては入力スピードが求められることも有ります。
又、ゲーム中にオンライン上で多々の他応用者と接触し、会話することもあるでしょう。
そのケースも会話は入力で行なわれますので、より少なく、より正確に入力する必要があり、取り敢えず入力システムの存在が大きくなってきます。
ゲーム上で応用する言葉には専門用語がいっぱい、そのゲームだけで扱う単語が多々出てきます。
又、口調をキャラクターに方向づけるため、口語も常々応用するものというのは大きく変化してきます。
ただし、これを無闇に登録していると、ゲーム応用時以外に入力をおこなうときの変換に大きな影響が出てしまいます。
そこで、atokではこういった特定の活を対象としてかんする設定として“プロパティ登録”というものを設定しています。
“プロパティ登録”というのは、ある特定の文書を製作したり、ゲームをしたりするケース、そのカテゴリーに特化した変換設定をおこなえるよう、設定のプロパティを個別に登録出来るシステムです。
atokのこのシステムを用いれば、“入力・変換”“辞書・ラーニング”“校正支援”“キー・ローマ字・色”等、多彩な点をそのカテゴリーを対象としてカスタマイズでき、なおプロパティを差し換えることで早速にその設定を寝かせることができ、とっても楽です。

atokの単語登録

辞書システムを使えば、個別に単語登録をしなくても一度にいっぱいの専門用語を登録出来る点がatokの大きな艶やかさの一つですが、ですので全ての単語を賄えるというのは限りません。
例えば、ゲームに応用する専門用語を登録するケース等は専門書が存在しないため、個別に単語登録をおこなう必要が有ります。
というのはいえ、atokの単語登録はたいへんシンプルですので、時間も精神的いらいらも陥ること無く使を対象としているものきます。
単語登録を容易に立ち向かう手順としては、“Ctrl”キー+“F7”キーというハンドリングがおススメです。
登録する単語を写し、このキーハンドリングをおこなうと一気に単語登録ページが開きます。
後は“読み”のところに自分が意図する読みをひらがな入力し、“Enter”キーを圧すか、“大丈夫”ボタンをクリックすることによって大丈夫です。
これ程で単語登録が出来るので、数多くの単語を登録する際にも案外時間はかかりません。
辞書登録をしたいケースは、“辞書”のところで辞書の部類を選択するようにしましょう。
このハンドリングを通しておけば、辞書にも登録されます。
その際には、“品詞”の設定もちゃんと行っておきましょう。
数多くの単語を連続で登録したいケースは、“atok単語登録”ウインドウの左下に存在するアイコンを押します。
そういったふうにしたケース単語登録した後もウインドウが消えず、一気に次の登録に進めます。
登録した単語を編集目指すケースは、“Ctrl”キー+“F10”を押し、辞書ユーティリティを開くと良いでしょう。
ですのでファイルを解き放ち、応用者辞書を開けば割りあてた単語が出てきます。
初めて登録した単語を消去したいケース等は、ここで編集をおこないましょう。

atok Pro

atokには、個人を対象としたものと法人を対象としたものとが有ります。
一定グレード、ご身内で応用するパーソナル・コンピュータには個人を対象としたatokを導入しますが、会社で一括して導入するケース等は、法人用を応用するほうが楽です。
法人を対象としたatokは“atok Pro”というネームで開発、市販製品されています。
“atok Pro”には、最新の変換エンジンや辞書といったシステムが採用されています。
個人向けのソフトにもあるシステムは当然、それ以外にも管理者向けのシステムが採用されてあり、他のatok活を対象としてかんする多彩な情報の統括が可能となっている点がポイントです。
例えば“入力環境条件の統制”を応用することによって、その部署内で応用している全てのatokの入力環境条件を容易に統一出来ます。
又、“入力情報の収集”ものの、情報を一括出来るシステムも有ります。
これらのシステムを応用したケース、組織で応用したケースきの行きちがいが生じがたくなり、書式の食いちがいなどの問題を解決することが可能となってきます。
システムを極めて追加している法人向けの“atok Pro”は、管理システムを追加しているだけでなく、本質的システムも個人向けより好要素になっています。
そういった訳合いでは、一定グレードのatokの格上げ版といえるかも知れません。
但し、個人でこの“atok Pro”を導入するこというのはあまり愛くるしくないでしょう。
個人では管理者としてのメリットを享受出来ないので、経費パフォーマンスという点では、さほど望ましいというのは限りません。
ただ、多かれ少なかれなりとも高システムなニホン語入力システムを導入したいのであるのなら、応用する価値は十分に存在するでしょう。

atok Proのメリット

“atok Pro”には、応用者としてのメリットと管理者としてのメリットの双方が存在しています。
予め、応用者としてのメリットは、基本部位は個人向けのatokと同じです。
校正支援システムが採用されているので、入力ケース誤変換をしたり、誤字、脱字をしたりする見込みが別格に減ります。
又、推測変換がたいへんスムーズに浴びるので、入力時間の短縮にもつながります。
会社で応用するメリットとしては、入力書式の統一という点が大きなメリットとなるでしょう。
会社で応用するケース、人と書式が異なると、書類に食いちがいが生まれます。
固ポピュラー詞を応用するケースは何より、型番や生産品名に表記のちがいがあると、それが大きなトラブルを招くことにもなりかねません。
こういうリスクを回避可能なよう、書式の統一が容易に出来るのが“atok Pro”の法人対したる所以です。
管理者側としてのメリットは、経費の削減が第一に挙げられます。
仮に個別に入力システムを導入するケース、その入力環境条件を統一する為には、おのおののパーソナル・コンピュータをハンドリングして環境条件設定をしなければならず、そこには給与や教育経費が発生します。
ですが、そこを一括で統一出来れば、これらの経費は必要ございません。
文書製作のクオリティを保つ上、経費を燃やすことにも陥るのです。
それに与え、個別に応用しているatokに関し管理者が各種データを把握出来る点もポイントです。
例えば、“打鍵数”をカウントすることによって、どの部下がどれだけ言葉を打っているかということも把握出来ます。
これで、お勤めの効率、あるいはお勤めの量を管理することもあるくらい出来るわけです。