atok Sync

ニホン語入力システムのメリットの一つに、変換の記憶システムが挙げられます。
これは、自分が日頃から行っている変換をシステムが記憶し、その変換ワードをTOPの上の方に表示したケースいうものです。
例えば、“はなす”という言葉を変換したケースします。
このケース、候補として起こるのは“話す”“取り逃す”“放す”“はなす”“ハナス”の五つです。
一定グレードは“話す”が最も応用されているので、この単語が一番上に映されます。
ただ、日常的に“逃す”という言葉によっているケース、その人の入力システムではは“逃がす”が初めの候補として出てきます。
これによって、何度も変換の為のスペースキーを圧す必要がなくなり、章句の製作に時間がかからなくなるのです。
仮に、自分が応用する用語のなかに前もってシステム内には登録されていない単語があったケースは、単語登録システムによってその漢字と読みを登録し、変換可能なようにすることも出来ます。
こういった記憶システムがあるため、ニホン語入力システムはおのずと自分の使い易いようにカスタマイズされていきます。
それは、atokだとしても同様です。
これによって、例えば別のパーソナル・コンピュータ等に置きかえた際等には、また一から環境条件をやりなおすことになり、誠に用い辛くなってしまいます。
あんな不便な点を解決すべく生まれたのが、“atok Sync”です。
“atok Sync”は、自分が今までカスタマイズしてきたatokの環境条件を、他のパーソナル・コンピュータも応用可能なようにするサービスです。
オンラインストレージサービス“インターネットディスク”を応用し、そこへatokの環境条件を送り、他のパーソナル・コンピュータでそのデータを組み込むことで共有することが出来ます。
これによってパーソナル・コンピュータの乗り換えは当然、会社のPC等だとしても同じ環境条件を応用することが出来ます。

atokの8カ国語Web翻訳変換

“ニホン語”入力システムであるatokは、当然ながらニホン語を入力するためのシステムです。
ですが、ニホン語以外にも英語を入力出来る等、そういったにニホン語限定のシステムというわけだとしてもございません。
こうして、atokには英語以外にも、多彩な国の言葉に関連したサービスが存在しています。
それは“8カ国語Web翻訳変換”サービスです。
“8カ国語Web翻訳変換”は、実に8カ国もの国の言語に翻訳することが出来るというサービスです。
atokで変換を行った言葉に対し、“英語”“ドイツ語”“フランス語”“イタリア語”“スペイン語”“ポルトガル語”“中国語”“韓国語”の8つの言葉への翻訳をリアルタイムで行なうことが出来ます。
こうして、この“8カ国語Web翻訳変換”の最大のメリットは、インターネットに接続を通している環境条件なら、断然各言語の翻訳ソフトのインストールを必要としない点です。
オンライン上のサービスとして、アプリケーションケーションときの翻訳変換が可能なようになっています。
“8カ国語Web翻訳変換”システムを有効にする為には、まるで“8カ国語Web翻訳変換 for atok”が必要です。
これをインストールした後でatokメニューを開くと、“Web翻訳変換”という項目が追加されているので、そこにカーソルをあわせます。
したケース、“オン”“オフ”という表示があるので、これを“オン”にします。
これで翻訳システムが応用可能となってきます。
後は、正にatokで入力と変換をおこなうと翻訳した果てが映されるので、“Shift”キー+“Enter”キーを押して、その果てを入力することによって大丈夫です。
翻訳する各国の言語の切り替えは“オン”“オフ”の下に出る“翻訳言語の設定”でおこなえます。

atokの経験版

パーソナル・コンピュータや携帯電話を応用するなかには、多彩なソフトを応用することが出来ますね。
アプリケーションケーションやシステム等、いっぱいの部類のソフトが開発、市販製品されている今、何を行なうも楽な環境条件を作れるようになった一方で、どのソフトが良いのか躊躇うケースも増加しています。
これは、ニホン語入力システムに関連しても例外ではございません。
近頃、ニホンのパーソナル・コンピュータ、携帯電話で使を対象としているものきるニホン語入力システムはたいへん多くなってきています。
その中からわざと一つを選択するのは、とっても大変です。
一際、こういった日常的に応用するシステムのケース、どれだけメリットを並べられても、結局のところは自分との相性や使いやすさに集約されるのではないでしょうか。
ですので、atokでは経験版の0円配布を通しています。
atokの一部システムを0円で応用することによって、自分にとってatokというシステムは使い易いシステムなのかということを判断出来るのです。
正に使用してみないと分からない点はいっぱいあるので、経験版はたいへん頼もしい存在といえます。
atokの経験版は、ジャストシステムの公式HPからダウンロードすることが出来ます。
TOPページから“生産品・サービス”ページへと飛び、そこで“atok”を検索します。
“シリーズ名で捜す”→“atok”で直ちに検索出来ます。
したケース、最新版の“atok”がラインナップに映されるので、その右側の“経験版ダウンロード”をクリック。
これで、経験版のダウンロードページへと変移出来ます。
経験版を応用出来るのは30日限定ですので、その期間内でちゃんと見極めましょう。

atokの基本システム

atokの基本システムは、ニホン語を入力する上で必要不可欠なシステムです。
そのシステムをいくつかご案内していきます。
前もって、言葉の入力です。
これは、いかなる入力システムではも共通ですね。
キーボード、あるいはボタンでは言葉を打つという、パーソナル・コンピュータを応用したことがある人のケースは誰もが捕捉しているシステムでしょう。
言葉入力の際、殊に意識していない人もいるでしょうが、“言葉の入力支援システム”というものがニホン語入力システムには採用されています。
こうして、それは当然、atokのケースも多々有ります。
例えば、特定の数字や記号に対して全角か半角かをずっと固定としておきたいケースのシステムや、スペルミス、送り仮名のミスなどの修正変換等がそれに相当します。
又、atokの楽なシステムとして、“辞書の切り替えシステム”も挙げられます。
これは、辞書セットを数多く製作し、それを切り換えるというシステムです。
辞書の切り替えシステムのメリットは、辞書を全て取り込んだケース、不要な単語まで登録して仕舞うというマイナス点をなくせるという点です。
ありとあらゆる辞書を登録したケース、常々使用している単語に対しても専門用語が第一候補として生じ、却って使いづらく繋がるケースが有ります。
そういった時にこの切り替えシステムを使えば、近頃製作している章句に対して必要な辞書だけを選択して応用可能なようなってす。
幾らかのセットを作っておけば、設ける章句の部類によって瞬時に乗りかえるだけで、その章句にとって最適の環境条件を掘り起こすことが出来ます。