atok Pad

atokのシステムによってメモ帳を製作する“atok Pad”は、たいへん使い易いツールとして大好評を集めています。
“atok Pad”をパーソナル・コンピュータに取り入れると、“Ctrl”キーを2回押しただけで映されるのでたいへん呼び出し易く、またおんなじ動作、または“Esc”キーを1回圧すだけで非表示なって、画面から消し易いというメリットが有ります。
又、非表示としたケースけれどもメモ帳内の章句が去るわけではないので、何か用事ができて一時その場を離れたり、章句を見られたくない人が近くに来たりしたケース等に、表示と非表示を置き換えることでスムーズな対応が可能となってきます。
“atok Pad”は、パーソナル・コンピュータ、若しくはiPhone等で応用可能なメモ帳です。
メモ帳システムは、既にパーソナル・コンピュータにも携帯電話にもついていますが、これらのツールと比較したケースではにも、使い易い上にハンドリングがし易いという大きなメリットが有ります。
一定グレードのメモ帳は、言葉の大きさを変更したり、フォントを変えたりといったシステムが付いていません。
これによって、ちゃんとした文書を製作する上では、ワープロソフトを応用するのが必須でしょう。
ですが、“atok Pad”は十分に本格的な文書の製作も応用出来るツールですのです。
又、iPhoneで応用出来る点もatokの大きなメリットと言えるでしょう。
パーソナル・コンピュータ内で文書を探るケースはワープロソフトを応用することが出来ますが、携帯電話になると、そこまで本格的な文書製作ソフトが入っているというのは限りません。
その点では、“atok Pad”が請け負う使命はパーソナル・コンピュータよりグングン大きくなります。

atok Padの特徴

“atok Pad”はメモ帳システムツールでは有りますが、パーソナル・コンピュータ等に標準採用されているメモ帳と比べると随分質の高いツールとなっています。
その特徴として挙げられるのが、管理システムです。
このシステムは、“atok Pad”を応用する上で、みるみる爽快に、また安全に応用するためのものといえます。
“atok Pad”によって入力したメモは、一覧画面で管理が出来ます。
ゲームのデータをロードしたケースきの画面に似ているので、常々からよくゲームを通している人のケースは抵抗なく覚えられるでしょう。
入力した章句を保全し、またもう編集したり、同期したり、消したりといったハンドリングが一つの画面で出来るので、たいへんわかりやすくそういったふうに見い出し易い管理システムといえるでしょう。
又、“atok Pad”にはWeb連携システムもついています。
このシステムは一定グレードのメモ帳にはないシステムで、インターネットとの連携が出来るというたいへん楽なシステムです。
例えば、“Yahoo!検索”、“Yahoo!辞書”、“Yahoo!地図”といった、Yahoo!がサイト上で提供しているサービスを“atok Pad”上で応用することも出来ます。
再度、“atok Pad”で編集したメモをTwitterでツイートすることも出来ます。
ハンドリング手順は容易で、メモを入力した将来メニューを変わり、そこに並んでいるメニューの中から“Twitterにツイートする”を選択するだけで大丈夫です。
但し、Twitterは140言葉という言葉制限があるので、仮にメモがその言葉数を超えていたケースは、頭の140言葉だけがTwitter上に映されることになります。

atok PadとEvernote

Web連携システムを採用している“atok Pad”ですが、そのシステムの一環として、Evernoteとの連携がやれるという特徴も有ります。
Evernoteというのは、オンライン上でメモ帳を管理することが出来るソフトです。
パーソナル・コンピュータ、携帯電話等で応用可能なツールとなっており、近頃急速にその知名度を伸ばしています。
Evernoteのシステムは、アカウントを出し、オンライン上にメモ帳を対象としたスペースを出し、そこで管理したケースいうようになっています。
オンライン上に自分だけの空間を形創り、そこで手書きメモを保全したり、画像ファイルを貼り付けたりすることが出来ます。
ブログやHPというのはまたさっと異なる感覚のオンラインページを持つことが出来るサービスとかんがえると良いでしょう。
Evernoteはかなり高システムなツールで、各種ことが出来ます。
その一つに、いっぱいの他のソフトと連携し、共に編集出来るというシステムが挙げられます。
こうして、その連携可能なソフトのなかに“atok Pad”も含有されているのです。
“atok Pad”内で編集したメモのデータをEvernoteと同期したケース、Evernoteクライアントものの感覚で“atok Pad”が応用可能なようになります。
このメリットは、プラットフォームを選ばず、多彩な機材で同様のデータを取り扱えるという点です。
例えば、パーソナル・コンピュータで編集したメモを携帯電話でグングン編集し、それをTwitterにツイートしたケースいうことも出来ます。