atokの変換

パーソナル・コンピュータ等でニホン語を入力する際にキーポイントとなって表れるシステムといえば、変換ではないでしょうか。
ローマ字入力も、かな入力も、本質的にパーソナル・コンピュータや携帯電話で言葉を入力したケース、ニホン語入力ではは“ひらがな”で出力受けるのが世間一般的です。
ですが、E-mailを打つも、ブログやツイッターを書くも、勿論お勤めで応用する書類も、ひらがなだけでは成立しません。
ニホン語には、ひらがなの他にもカタカナや漢字が有ります。
これらを使い分けることから、ニホン語はワールドの各言語の中けれども屈指のハードルといわれているくらいです。
パーソナル・コンピュータ等でニホン語の言葉を入力する際、まんべんなく入力の設定をチェンジさせているようでは章句を打つのに相当時間が掛かってしまいますね。
そこでキーポイントとなって来るのが、変換システムです。
打った言葉を漢字やカタカナにスムーズに変換することが出来れば、章句を書くスピードは別格に上がります。
そのスムーズという点ではキーポイントとなって生じるのは、変換した際に自分が思っている単語がどれくらいの順番で伸びるかという点です。
ニホン語には、数多くの同音異義語が有ります。
例えば、“きょう”という単語を打ち変換したケース、“今日”“強”“京”“郷”等、数多くの漢字が出てきます。
これによって、この中から一つの単語を掘りおこすのは、すさまじく時間が要するようにおもえます。
ですが、実にatokの変換システムを通していると、そうだとしてもないことが分かります。
これは、atokが文脈から規則きちんととおもわれる候補を絞り込み、前の方に表示しているからです。
このatokの変換システムは、他のニホン語入力システムと比べると優れているという評価を獲得しています。

atokの入力

章句を入力して行く中で、精神的いらいらなくスムーズに進行して出向く鍵となるのは、入力の際のシステムです。
変換をはじめ、言葉を打つという自分の技能以外の部位で、どれだけ滞りなくおこなえるかという点が、大きな問題となってきます。
その点では、atokはたいへん際立つニホン語入力ソフトといえるでしょう。
atokの特徴の一つに、“入力先まわり表示”というものが有ります。
これは、すでにいくどか入力したことがある章句に対して、初めの数言葉を入力した時点で候補として映されるというシステムです。
例えば、常々から“よろしくお願い致します”という章句をよく使用している応用者がいるとちょうだい。
この応用者が、一太郎などのワープロソフトを応用している際、“宜しく”と入力したら、その時点で“よろしくお願い致します”という変換候補が表れます。
そこでエンターキー、若しくは左クリックを押すと、その時点で“さながらお願い致します”という章句が入力され、全部の言葉を打たなくても入力が可能となってきます。
これは、携帯電話を常々から使用している人にはおなじみのシステムですね。
atokのこの先まわり入力はたいへん精度が激しく、またTabキーを圧すことでみるみる候補が映される等、使い勝手もたいへん喜ばしいシステムとなっています。
又、これ程ではなく、日つきの入力や日常会話に応用する話し言葉、あるいは方言といった言葉に関連しても、入力し易いようになっています。
日付に関連しては、“きょう(今日)”と入力しただけで、その日の日付が変換の候補に表れます。
方言等も、前もってプログラミングされています。

atokのおまかせキーワードチャージャー

入力にかんする楽システムは、atokの大きな特徴の一つです。
他のニホン語入力システムと比べて質の高いサービスであるという評価を獲得しており、それが一つのステータスとなっています。
そういった楽システムの中の一つが、“おまかせキーワードチャージャー”です。
“おまかせキーワードチャージャー”というのは、RSSによる自動ラーニングシステムです。
atokを応用しているパーソナル・コンピュータでこのシステムを使い、自分が関心を持ち歩いているHPやブログを登録します。
したケース、そのHP等で使われている多彩な専門用語、単語を自動で登録し、それが変換した際の候補ワードに参加するのです。
例えば、薬学にかんする論文をパーソナル・コンピュータで創りたい大学生がいるとちょうだい。
その大学生は、論文を書くにあたり、出来れば手っ取り早急に入力出来るシステムを早めに構築しておきたいとかんがえますね。
ですので、“おまかせキーワードチャージャー”で、数多くの薬学、薬の研究等にかんするサイトを登録しました。
したケース、その大学生のパーソナル・コンピュータのワープロソフトを使用して章句を書いて行く中で、いっぱいの専門用語が既に登録されている有り様となってきます。
例えば“きゅうしゅう”と打つだけで“吸収速度定数”“吸収率”“吸収速度”などの専門用語が候補として出てくるのです。
こうなると、たいへん薬学関係の論文を書き易いパーソナル・コンピュータになり、再び素早急に、精神的いらいらなく論文を完結させることが出来るでしょう。
この“おまかせキーワードチャージャー”を使用すると、章句創りにかかる時間が随分短縮出来ます。

atok入力の楽システム

章句を書いている際に、気をつけなければならないのが誤字、脱字です。
誤字、脱字というものは、いかに章句を書くことが頼もしい人、あるいは経験潤沢な人であっても少なからずしてしまうミスです。
単純な入力ミスは些細な問題で、随一の厄介な点は、人間の持つ特性に有ります。
人間は、自分にとって都合の良い情報を拾い上げる特性が有ります。
こうしてたまに、事実をねじ曲げてしまうことも有ります。
これはかんがえてそうしたケースいう類の話ではなく、本能的な習性です。
例えば、“私は昨日、近所のコンビニでいっぱいのお買いものを通して、その後にファミレスに言ってお食事をしました。
”という章句があるとします。
明らかに、後半部位に誤字脱字が有ります。
但し、これを入力している本人は、気付かない時が有ります。
それは、脳内で“ファミレスをめぐってお食事をしました。
”という章句ができ上がっているからです。
これによって、実に入力した章句ではなく、その脳内の想像を見てしまっているのです。
従って、誤字、脱字はやはり生まれてしまいます。
そうした間ちがいを回避するため、初めて打った章句を付け足し、添削、推敲するこというのは殆んどの人がすることまずは有ります。
ですがその見直しの際にも、書いた本人は“ふさわしい章句”というフィルター越しに見てしまうことが多々有ります。
こうしてこれは書いた本人とか、他の人の章句を読んだケースにも発生します。
これによって誤字、脱字があっても、見落とされたままになってしまう。
atokには、あんなミスを極力なくせるように自動補正システムがついています。
自動補正システムというのは、文脈から入力ミスを見抜き、変換の際にふさわしいであろう候補を表示するシステムです。
こんなシステムが備わっている点も、atokが好評される大きな原因の一つといえるでしょう。