ニホン語入力システムのソフトウェア

近頃、パーソナル・コンピュータや携帯電話といった機材はワールド的に普及しています。
それは法人だけに限らず一般ご身内ではも同様で、いまやパーソナル・コンピュータ、携帯電話共々一家に一台ではなく、自分に一台という時代になっています。
こんな中、そのパーソナル・コンピュータやE-mailの使途として多く応用されているのが、E-mailやインターネットです。
これらのシステムがあるからこそ、こういったマシーンはここまで普及したともいえます。
こんなE-mailやインターネットの際、必ずや行なうことといえば言葉の入力ですね。
E-mailのケースはそもそも言葉を打つことがお目当てですし、インターネットのケースも検索を行なう際には言葉を入力します。
この軽く応用している言葉は、本当は“ニホン語入力システム”というソフトによって成り立っています。
前もって、マシーンというものは全ワールド共通のもの。
ニホン人ですのでニホン語を使用するというだけであって、例えばニホンのマンガや小説等みたいに、前もってニホン語で書かれているというわけではございません。
パーソナル・コンピュータや携帯電話をオーダーした際、自然にニホン語で入力が可能なようになっているのは、この“ニホン語入力システム”が採用されているからです。
ニホン語入力システムは、キー入力に対してソフトでの制御をおこなうことで成立しています。
カタカナや漢字等、複雑なニホン語を対応させるのはなかなか難しい技法ですが、近頃ではは完全に確立していて、幾らかのソフトが開発、市販製品されています。
その中けれども断然名高いソフトが、“atok”と“Microsoft IME”です。
このatokとMS-IME以外にもいっぱい有りますが、世間一般的なのはこのふたつです。

atokというのは

ニホン語入力システムソフトの中それだとしても、最も普及しているソフトは、“atok”と“Microsoft IME”ですが、このうちの“Microsoft IME”は、殆んどのWindowsに標準採用されているので、パーソナル・コンピュータを応用している人の多くがすでにやりこなしていくことができています。
これによって、MS-IMEに関連しては、あまり意識しない中で応用手順を覚えたという人が大半ではないでしょうか。
その一方、もう一つのスタンダードであるatokに関連しては、又もや導入する人が沢山かとおもわれます。
atokは、ジャストシステムが開発、市販製品を通しているニホン語入力システムです。
Windows、Macintoshいずれにも対応出来るシステムになってあり、それ以外の多々のOSに対応可能な、うってつけスタンダードなシステムになっています。
Windows95が普及する昔の、PC-9801時代のパーソナル・コンピュータには、“一太郎”というワープロソフトが世間一般的に標準採用されていました。
こうして、“WORD”同様、ワープロソフトの旗手であるこの一太郎で応用されていたニホン語入力ソフトがatokだったので、昔パーソナル・コンピュータとしていたという人には、今や馴染みのあるシステムかも知れませんね。
こんなatokですが、そのネームの由来は、“Advanced Technology Of Kana-Kanji Transfer”の各頭言葉から取っています。
これはそれほど近頃になって明らかになったことで、それ昔にはいくつもの諸説が存在していました。

atokの歴史

パーソナル・コンピュータが爆発的に一般ご身内に普及したのは、Windows95が売り出しされてからです。
それ昔は、パーソナル・コンピュータはどちらかというとマイナーな存在でした。
会社で応用する人はいましたが、それもどちらかというと特殊な業種という感想や感じ方が強かったようにおもえます。
1980年代は兎にも角にも、パーソナル・コンピュータといっても、きちんと今一つ人が多かったのではないでしょうか。
atokが産声を上げたのは、その1980年代初頭でした。
そのころは未だにこのネームではなく、元々はロジックシステム社という会社向けに製作されたかな漢字変換ソフトでした。
その後に、当時のパーソナル・コンピュータの標準OS“CP/M”への対応が行なわれ、“KTIS”というネームが置きられます。
こうしてこの後、1983年に当時の最新鋭パーソナル・コンピュータ“NEC PC-100”のワープロソフト“JS-WORD”に対応したニホン語変換システムとして採用され、そのパーソナル・コンピュータの後継機主である“NEC PC-9801”のワープロソフトに採用された際に“atok”というネームが付けられました。
尚、当時は“atok3”というネームだったやうです。
atokがニホン語変換システムとして独立したのは、この後の“一太郎”出現時です。
この際、ネームは“atok4”として、ワープロソフトとニホン語変換システムが独立して存在可能なようになったのです。
atokは、その質の高さから瞬く間に普及し、あっという間にニホン語変換システムの代名詞的存在となりました。
その後、Windowsになり、またワープロソフトも“WORD”が普及したことで、シェアそのものはMS-IMEがTOPとなりました。
ですがその後もatokの質の高さは変わらず、標準採を対象としたMS-IMEからatokに切り換える人も沢山ため、近頃もその迫力を指し示し続けています。

atokのバージョン

本質的に、ニホン語入力システムは、ワープロソフトとの共存システムという側面が有ります。
こうしてこれは、システムがソフトとして独立して以後も変わりはございません。
ただ、昔はパーソナル・コンピュータで入力をおこなう際には“一太郎”や“WORD”といったワープロソフトを使用するケースが殆んどだったのに対し、近頃はそうというのは限らなくなっています。
だとしても、ニホン語入力システムは、ワープロソフトと足並みを揃えているのが現状です。
atokのケースは、“一太郎”がそのパートナーとなっています。
一太郎がバージョンUPを行った際、atokもまた新バージョンへと移行します。
一太郎は毎年バージョンをUPしていくので、必然的にatokも毎年バージョンが変化しています。
その度に、新システムを採用したり、一層使いやすくなったりと向上してあり、一段と時代に当てはまるシステムへと向上しているのです。
atokはかつて“KTIS”というネームで、その一番初めに採用されたのが1982年でした。
こうして、やっと“atok”というネームになった1984年には、“KTIS2”の次のバージョンということで、ありのまま連番として“atok3”となりました。
その後、一年ごとにバージョンが上がって赴き、1993年にはWindowsやMacintoshにおのおの対応した“atok8”が出現しました。
1996年売り出しの“atok10”では、Windows95にも対応開始。
その後、“atok17”までは、連番という形のネームとなっています。
2005年以後は昨年の一太郎に続き、連番ではなくその年度の西暦の数字が引っ付くようになりました。
2011年のバージョンは“atok2011”といった形ですね。

atokのサービス

パーソナル・コンピュータでニホン語を入力出来るシステムというのが、元々のatokの持つ使命でした。
ですがじりじり時代が変わり、パーソナル・コンピュータ以外で言葉の入力をおこなう頻度が増加してきています。
こうして、ジャストシステムはその時代の移り変わりに対応すべく、多彩な拡張サービスや派生サービスを開始しました。
携帯電話の普及によって、携帯を対象としたニホン語入力システムが必要となった際、直ぐに公開されたのが、“+atok”というサービスです。
“+atok”は、携帯電話だけでなく、カーナビ、ゲーム機、PDAといった多彩なデバイスに採用されています。
こういった、現代における数多くの機材に対応し、また採用されているのも、atokの質の高さの証明といえるでしょう。
他にも、atok関連のサービスとしては、“atok Pad”といったものが有ります。
atokと連動したシステムを持つメモツールですね。
本質的には、そのネームからも分かる通り、“iPhone”、“iPod touch”向けのサービスだが、“Yahoo!”等でのオンラインサービスけれども応用されています。
この他、“atokダイレクト”や“atok Syncサービス”などのサービスが整備されています。
又、料金の定額化によって、ロー費用での提供をおこなうサービスとして、“atok定額制サービス”も開始してあり、たいへんお得なサービスとしての提供が実現しています。
契約中は無償でのバージョンUPが可能それで、安心してオーダーが出来る点も艶やかさのサービスとなっています。